ガラス製品 2

 

写真をクリックして下さいその拡大写真が見られます。

お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします。


品目 No.#3753

価格: ¥24,000

メリーグレゴリー・トリンケットボックス、1890年代

 

アメリカの芸術作家メリーグレゴリーのブルーガラスにビクトリアンの子供やフラワー飾りを白色エナメルで描いています。ブルー、クランベリー、グリーン、クリアーなど種々のカラーグラスに、遊ぶ幼い子供達や池、蝶、釣り、木々、等々あどけないシーンを題材にするメリーグレゴリー作品は特徴を出し印象深く、愛らしく、美しくもあり世界のコレクターに人気が高いです。あまり見ることのないブルーガラスのアンティークトリンケットボックスのご紹介です。コンディションは良くご満足頂けます。

サイズ:直径10.0cm x H8.0cm

品目 No.#3754

価格: ¥10,000

お揃いタザ、1950年~60年代
ペア

アメリカ生まれのサンドイッチグラスパターンと呼ばれる古い歴史のあるパターンは愛らしいイメージがあり型押しされたプレスガラスタザになります。クリアーガラスにフラワーモチーフやスクロール模様そして細かく小さな点を並置した点描と特徴を出すサンドイッチガラスは長く愛用されているグラス器になります。因みにサンドイッチはアメリカに在る地名からきています。
このタザはお揃いなのでお使いになる範囲も広がりそうですね。エクセレントコンディション

サイズ:直径19.5cm x H7.6cm

品目 No.#3748

価格: ¥19,000

アートグラスジャグ、1930年代

 

手作り吹きガラスからできたアートグラスジャグは大型で丸み帯びた形状は優しく、渋いグリーンから淡いプラムレッドにグラデーションする色合いは美しいです。底には吹いて作られた証でもあるポンテルマークが大きく見られ、2リットルちかくの容量がありパーティーのドリンク用に、そして飾り花器としても引き立ち多用途にお使いできる工芸品アートグラスジャグです。優雅さのあるエクセレントコンディション

サイズ:直径15.0cm x 直径17.5cm(ハンドルを含む)x H20.2cm

品目 No.#3724

価格: ¥16,000

アンティーク香水ボトル、1910年~1920年代

 

鮮明度が高くずっしりとした品質&作りに高級感あるクリスタルガラスアンティーク香水ボトルです。
深く縦線状に入る細かな切込みカット細工が光に当たり効果的に反射してとても綺麗に映り、ストッパー、底面にと全てにカット細工を施しています。美しくエングレービングされたフラワーバスケットも飾られ素敵なお品に仕上げられています。エクセレントコンディションです。

サイズ:直径6.5cm x H13.5cm


品目 No.#3704

価格: ¥7,500

クリーマジャグ&シュガーボウルセット、1930年代

アール・デコ時代に人気のあったアンバーガラスのクリーマジャグ&ボウルセットは暑いシーズンにお似合いのセット。淡いアンバーカラーにスカラップエッジやねじれ模様が入るプレスガラスからできます。シュガーボウルには良品質であることや制作年代が判るレジストレーションNOが印されデザイン登録されます。イギリスの伝統的なデザートと言ってもよいサマープディングやフレッシュストロベリー&クリームを楽しむのに最適なクリーマジャグ&シュガーボウルですね。良いコンディションをしています。

サイズ:クリーマジャグ直径8.0cm x 注ぎ口~ハンドルまで12.3cm x H9.0cm、

シュガーボウル直径14.5cm x H7.0cm


品目 No.#3671

価格: ¥30,000

クランベリーガラスバスケット、1870年~1880年代

ビクトリア時代の珍しいガラスハンドル付きのクランベリーガラスバスケットです。バスケット形状が四角形にちかい形をしていますがこれも珍しいです。
艶美な色合いのクランベリーガラスとクリアーガラスのツートンカラーに縁回りや足にフリルエッジパターンが作られ華やかなアンティークガラスバスケットになります。
独特な淡赤色のクランベリーガラスには驚くほどの古い歴史があり古代ローマ帝国後期には既に作られていたとのことです。英国では隆盛誇るビクトリア時代に高い人気があり、特にテーブルに飾るアイテムが制作されました。大量生産で知られる産業革命が起こったビクトリア時代でもありますが、このクランベリーガラスは大量生産には至りませんでした。それは制作をするにあたり高価な金素材が必要なため 商品も高額になりクラフトとして熟練職人が技巧をつかいスペシャルな一点ものを作りだし装飾・工芸品として売りビクトリアの人々に供給、魅了したようです。
厚めなつくりが重く感じるバスケットはエクセレントコンディションを保っています。

サイズ:12.0cm x 12.0cm x H16.0cm

品目 No.#3651

価格: ¥21,000

アンティークバターディッシュ&バターナイフ、1880年~1910年代

アンティークバターディッシュは厚いプレスガラス長方形ディッシュとやはり厚めなつくりのシルバープレート蓋になりフレームに収まります。他にシルバープレートA1刻印される上質な「エンパイアパターンハンドル」のバタナイフも付きます。しっかりした作りのお品です。重く作り良くビクトリアンからエドワーディアンにかけ重宝されダイニングテーブルを飾りました。ビクトリア時代の著名なビートン夫人の家政読本に登場しそうです。ディッシュ底面には蜂の巣「ハニーコム模様」がされ凝り、フレームにはシルバープレートであるという意味のEPNS刻印が入り良いコンディションです。ディッシュのガラス縁に割目のようなラインがみられますがこれは割目ではなく製作過程にできた微少な痕跡でヒビではないです。

サイズ:バターディッシュ14.5cm(フレーム足含む)x 12.5cm x H14.0cm(ハンドル含む)、バターナイフ 17.0cm

品目 No.#3458

価格: ¥9,000

ビクトリアン吹きガラスコンポート、1890年~1900年代

吹きガラスコンポート底面には吹いて作り上げた証であるポンテルマークをきれいにした痕がみられ手作りということが分かります。装飾はデザイン模様を丹念に刻み込んでいくエングレービングにより仕上げ良質感のあるお品です。
良いコンディションをしております。

サイズ: 直径13.7cm x H11.6cm

品目 No.#3459

価格: ¥10,000

エドワーディアン吹きガラスジュグ&ボウルセット、1900年~1920年代

品質の良さを感じるジュグ&ボウルは証であるポンテルマークをきれいにした痕もみられ手作りされています。カット細工によりスターカットやダイヤモンドカットを合わせた大胆なデザインが切り込まれるジュグ&ボウルセットは形状と装飾がマッチしたお似合い品とおもいます。良いコンディションをしております。
サイズ: ジャグ最大直径7.0cm x 注ぎ口~ハンドルまで10.0cm x H8.8cm、ボウル最大直径12.0cm x H9.0cm

品目 No.#2879

価格: ¥16,000

ゴブレット、1920~1930年代

吹きガラスのゴブレットはエングレービングにより芝草やワイルドストロベリーとおもわれる図柄を施し華やいでみえます。安定感あるゴブレットはセロリバーズとしてもご利用ができそうです。
サイズ: 直径7.8cm x H 14.3cm

品目 No.#2880

価格: ¥16,000

ゴブレット、1880~1890年代

吹きガラスから出来るゴブレットはシダ模様のエングレービングを施しています。
ゴブレットはビールに似合いそうです。
サイズ: 直径8.3cm x H15.4cm

品目 No.#1392

価格: ¥ 12,000

バセリンタンブラー、1890~1900年代
プレスガラス

厚みのある乳白黄色をしたバセリンのアンティークガラスタンブラーには洒落たモールディング模様を入れ底面にはスターカットが見られます。
微少量のウランを使い、紫外線ランプに照らすと魅惑的な色合いを発光するバセリンガラスはヨーロッパ発祥になりリージェンシー時代1800年ごろから作られ古い歴史があります。その妖しい魅せられるガラスの収集家は世界中に多いです。専用タンブラーとしてプライベートタイムにご愛用して頂けたらとおもいます。

エクセレントコンデイションをしております。

サイズ:H9.7cm x 直径7.6cm

品目 No.#3418

価格: ¥12,000

ウォータージャグ、1930年代

厚く太めなどっしり型のアールデコ・ウォータージャグは容量たっぷりとテーブル上で重宝してくれるお品です。
ウランガラスのジャグは輝くような淡いグリーンを持ち綺麗な色合いが特徴をみせます。ウランガラスは紫外線ライトに当てますと明るく発光します。そのウランガラスはコレクターアイテムでもあります。
欠けが底面縁にありますが隠れる部分で見た目もご使用頂くにも支障ないものです。
サイズ: 12.0cm x 20.0cm(ハンドルを含む) x H15.7cm

品目 No.#3225

価格: ¥10,000

ヴィクトリアンウォータージャグ、1880年~1900年代

吹きガラスのアンティークガラスジャグはジャポニズムを感じる竹模様がすっきりとエングレービングされヴィクトリア時代後期に英国で東の国「JAPAN]が流行ったころのジャグになります。
重宝なジャグは容量もあり花瓶としても応用ができそうです。
サイズ: 最大直径10.3cm x 14.5cm(ハンドルを含む)x H19.3cm

品目 No.#3226

価格: ¥8,500

切子コンポート、1930年代

透明感あるコンポートは脚やベースにもカット加工をして全体に凝った切込みが入ります。ダイヤモンドカットや愛らしいフラワーと直線、曲線の切り込みデザインがうまく合い華やかさを作り出している切子コンポートは美しいです。
サイズ: 口径13.0cm x H15.0cm

品目 No.#3094

価格: ¥13,000

プラター/トレイ、1980年代

夏向きのガラスプラタートレイは古いものではないですがアンティークフェアーで目に留まり入荷したものです。
お品の底面全体にはローズ図柄を入れ華やかさを出し、たっぷりなサイズの縁周り部分は素材が重たいガラスでも持ち易く、表面の四方隅に見えるつぼみのローズが足の役目をして安定させます。色合いも強過ぎず淡い色をぼかし優しそうです。それぞれの用途に応じてご使用ください。
サイズ: 41.0cm x 28.5cm x H3.5cm~4.8cm

品目 No.#2664

価格: ¥5,000

ミニクリーマ、1900~1920年代

スマートなカット細工で飾る可愛らしいサイズのプチジャグはシロップやハニー入れとしてご利用いただけそうです。
サイズ: 直径4.5cm x H5.3cm

品目 No.#2551

価格: ¥ 14,000

バセリンガラスベース、1870~1890年代
吹きガラス
ビクトリア時代の手作りアンティークガラスベースはすんなりとしたトランペット形状になり透明な淡い乳白黄色が何とも惹きつけます。
ユリの花のような優雅さも漂わせ、紫外線ランプを照らすと魅惑的な色合いを発光する乳白黄色のガラスをバセリンクリーム色に似ているところからバセリンガラスと呼称されます。
微少量のウランを使うバセリンガラスの歴史は古く1800年代前半頃から作りはじめられ、現在ではウランを使うことが難しくなり製作も極めて限られ、そのため世界中に多いコレクターはアンティーク物を探します。アンティークバセリンガラスの虜になるようです。
経年のためベース底に水垢のあとが薄っすらとありますが気づかないほどで良い状態をしています。
サイズ: 直径10.9cm~11.2cm x H16.5cm

品目 No.#2442

価格: ¥ 9,800

アンティークウランガラスピッチャー、1890~1910年代

赤い制服を着る英国の兵隊さんが被る縦長の帽子に似ているヘルメットシェイプと称される形状のアンティークガラスピッチャーです。銀器にもジャグなど古くジョージアンシルバーにみられちょっと気取った感じにもみえるシェイプですね。そのピッチャーは希少な黄緑色を放つウランガラスから作られています。ウランといえば現在では一般に使うことができないものですが一昔前には着色材として使われていました。1800年代ごろヨーロッパから作られ始めたものでそれは微量のウランを混ぜることにより絶妙な黄色や緑色の色彩を放つ透明なウランガラスになり、紫外線ランプを照らすと妖しく蛍光を発し魅了のガラスとして知られてもいます。収集家も多いです。ウランが含まれていることで健康に及ぼすのではと、その影響はなく極々微少なもので中にはかえって微量のウランは良いという説もあります。
厚みのあるずっしりとした作りのピッチャー厚底外回りの足部が微小なチップと粗い箇所がありますが支障ない良いコンディションになります。
サイズ: 直径8.1cm x 注ぎ口~ハンドルまで13.5cm x H13.8cm

品目 No.#2260

価格: ¥ 12,000

タザ、1890~1910年代
プレスガラス
組格子模様のグリークキィーパターンが入り、まわり縁にピアスデザインを加えた小ぶりなタザはおしゃれです。
サイズ:直径15.4cm x H10.7cm

品目 No.#2080

価格: ¥ 8,000

ベース 、1930年代

よく知られているガラスメーカー「ホワイトフライヤーズ」の製作で吹きガラスに気泡をうまくデザインに取り入れた淡いアンバー色ガラスの花瓶です。表側に軽いスクラッチがあります。
コンディション: 良好
サイズ: 最大直径11.5cm x H11.6cm

品目 No.#1941

価格: ¥ 3,500

デザートボウル、1930年代

形は同じでも色合い、厚さ、サイズの違うウランガラス品をご紹介。
A。厚く明るい新緑のグリーンをしたウランガラス。最大径9.6cm x H8.6cm
B。アンバーグリーンをしたウランガラス。最大径10.2cm x H8.8cm
コンディション: 良好

品目 No.#1889

価格: ¥ 7,500

シュガーボウル、1890~1900年代
プレスガラス

コンディション: 良好
サイズ: H12.4cm x 直径 12.5cm

品目 No.#1876

価格: ¥ 19,000

ガラスケース、1910~30年代

高品質な作りをしているガラスケースはカットガラスにより仕上がり、フタに施されているモットの刻まれたガーター勲位の紋章は熟練したイングレイビングがされ目を引く。左上隅には「JB」とイニシャルが入っています。
コンディション:良好
サイズ: 18.4cm x 8.7cm x H6.6cm

品目 No.#3747

価格: ¥0

アート・オパレセントグラス花器、1930年代

 

大きく分厚いぐらいに作られる乳白色で半透明の印象的なオパレセントグラス花器はイングリッシュローズモチーフを飾り大胆かつ極め細かく作られたアートモールドガラスになります。そのモールドガラスとはガラスを高温に加熱し軟らかくして、鋳型に流し込んでプレス加工をして成形するテクニックでレンズなども同様の方法で作られガラスに重量があることもモールドガラスの特徴になり花器もとても重いです。この花器制作は「バロラック」と知られた英国のガラス工芸メーカーになり1930年代に活躍をしています。作風が似ているところからルネ・ラリックと間違えられます。クオリティーの高い大型な花器は魅力あるイングリッシュローズにオパレセントグラスの存在感あるアートグラス工芸品です。底面にはネームが入ります。エクセレントなコンディションになりますが花器内や内面底にスクラッチ傷がみられます。スクラッチは内側なものでローズデザインがされる表面は損なうことなく良い状態です。

サイズ:口径23.0cm x 底直径10.0cm x H18.0cm



Copyright (C)1998-2017 E.Rosvall 'Abbey Antique Collection'